バイアグラ

バイアグラは男性の性機能不全に使われる薬だ。
具体的にいうと、勃起不全に用いる薬である。
バイアグラ (Viagra)という名称は、ファイザーが製造と販売をしているED治療薬の商標であり、製品そのものを示す単語ではない。

バイアグラの日本国内と海外の違い

  • 日本では泌尿器科(性病科)や一般内科から始まり、一部の美容外科や心療内科でも処方が認められるようになってきている
  • 国内では25mgか50mg錠剤しか承認されていないが海外では100mg 錠も存在している事。
  • 日本で医師の診断の元に処方されるバイアグラは1錠、1,500円程度と高価なこと
  • 日本でのバイアグラ事情とリスク

    日本でも、1999年1月25日に製造承認が行われて販売されており、長い事使用されつづけている。
    当初は偽物が多くでまわり、健康被害などが憂慮されたりもした。
    現在でも個人輸入などで格安なものが販売されているがそれらの購入も十分に注意すべきであり手を出さないほうが無難だろう。偽物の製品でも高値で販売されている事もあるので、手にするまで、本物を見極める統べは無いというのが致命的な問題だ。医師のもとで処方してもらうことが一番確実である。

    コピー薬の問題

    製法特許で作られたインド製のコピー版バイアグラが存在する。これは成分は同じものでも価格は1/6程度とのこと。
    これはジェネリック医薬品にはあたらないとのことで注意が必要だ。
    他にも以下の点で注意しないといけないことがある。

    コピー薬を日本に輸入・販売することは「特許発明の実施」とみなされ、特許法に反する。日本国内での転売は薬事法による取締りの対象ともなる。http://ja.wikipedia.org/wiki/シルデナフィル

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました