女性器の形を3Dスキャンして販売しようとした40代女性が逮捕

女性器の形を3Dスキャンして販売しようとした40代女性自称芸術家が逮捕されたという事件。

マンコ虫

マンコ虫

一見バカなのかとも思える事件だが結構根が深い。

マン拓を販売したことが問題?

マンコの形をしたものというのは造形物ではオナホールなどが存在する。
では何故現実の人の性器の形をかたどった物を販売しては逮捕されるのかということについて考えたい。

無修正は違法

無修正の動画を販売することは日本では禁止されている。
これは漫画などのイラストでも同様だ。性器の描写が禁止されているため、モザイクや白線などで出版社なども自主規制している。
性器を描いたらアウトなのだ。
漫画でも性器が描かれないことを考えたら上記の事件は起きないと思うのだが。

芸術派セーフ?

日本で性器の形を描くのは違法だが唯一認められているのは医学的なシーンだろう。
小学校の保健体育の図でも裸体に性器は描かれている。
石造などもチンコが描かれているものは芸術しては認められているが、創作することが可能かどうかは別問題。性器を描いた芸術作品は出てきていない。

不特定多数に販売することが問題?

過去にも同様の事件はあった。
これは不特定多数の人に販売することが問題だと考えられる。
無修正動画を販売すると違法だが
無修正の動画をもっていても違法ではない。

本当に存在するものの形をコピーしたことが問題?

例えば今回の事件をセーフとした場合、未成年者のマン拓販売などが大々的な行われる可能性がある。
年寄りのビロンビロンに伸びた大陰唇などよりも見た目が整ったものの方が価値があがる可能性が有る。
そういうAVが販売されるようになったら色々と積む。

コメント

タイトルとURLをコピーしました