アフィリエイト サイト

アフィリエイト サイトを作るには、人のサイトを見て手本にするのが無難だ。
しかしながらアドセンスのような広告を掲載しているサイトは分かるが、一般的なアフィリエイとは広告が見分けにくい。
ここでは代表的なアフィリエイトサイトについて解説する。

無料ブログ

無料ブログ自体もアフィリエイトサイトである。
普通に登録してみるとわかるが、広告が非表示に出来る無料ブログサービスはBloggerくらいのもので、日本の無料ブログサービスは昔から広告が表示される。
これは運営サービス元の会社の利益になる。
無料で提供可能なサービスなど殆どない。
この点Bloggerはグーグルの資本力の賜物だと思うので、他が追随はできないだろう。

たまにアフィリエイトを叩く人がいるが、ネットサービスは収益化なくしてボランティアでサービス提供が可能な事例は殆どないことを自覚しておくべきだろう。
ブログのカスタマイズ方法

2ちゃんねるまとめサイト

2ちゃんねるという掲示板のまさめサイトは容易にわかる。
サイドバーにアマゾンのバナーが仕込まれていたり、本文中にもテキスト広告や商品バナーが掲載されている。

まとめwiki

まとめwikiなどもアフィリエイとサイトとしては高いPVのサイトだろう。
wiki形式の媒体は閲覧ユーザーも編集可能な為、最初にまとめwikiを作った作成者が広告を仕込んでおいても他の人には見分けがつきにくい。
まとめwikiのサービスによっても仕様はことなると思うので一概にどうこうは言及はさけておく。
アフィリエイとは危険なのか?

naverまとめ

naverまとめはアフィリエイとタグは直接は仕込めないが、導線としての役割やnaverまとめ自体がPVに対して報酬が支払われるインセンティブ形式なので、ある種アフィリエイとサイトといえなくもないだろう。
最近では「忍者まとめ」や「FC2まとめ」といったサービスも出てくる始末。
まぁwiki形式サービスに続く流れなのかもしれない。
naverまとめに関連しては報酬をユーザーに還元する事で、まとめ数を増やしたが同時に違法行為(著作権侵害)も、乱発されたためアドセンスを配信停止に追い込まれた事例が記憶に鮮明に残っている。これは大企業でも個人でも差はないことなのでアフィリエイト広告のリスクという点はぬぐえないだろう。広告主あってこそのアフィリエイトだ。

  1. アフィリエイとは危険なのか?
  2. 2ちゃんねるまとめサイトは儲かるのか?
タイトルとURLをコピーしました