女性はハイエナのようで嫌いだ。

日本人女性のみか、或いは世界的にもそうなのかは知らないが、女性が嫌いである。
なぜなら日本人女性はハイエナのような印象が強いからだ。

  1. ライオンが捕らえた餌ににたかるハイエナ
  2. 男性が稼ぐお金にたかる女
  3. 子育てでヒステリックになる女性

wiki見てみると、ハイエナの社会ではオスよりもメスの方が働き屋のようだ。この点では、ハイエナの方がまだ利口なのかも知れない。現代の日本人女性は、ハイエナ未満だ。死体に群がる蝿の方が近い。

必ずしも女性がハイエナのようだというわけでは無いという人がいるかも知れない。
ただし、これは過半数がそうだというだけで、少数派の中には、生産性が高い女性は稀に居ることはあるだろう。
男性よりも特定の仕事が出来る女性は存在するのだろうが、如何せん社会が男性社会を構築しており、圧倒的に男性よりの社会なのでつぶされやすい。結果まともな女性は見かけにくくなるか性格が破綻している人が多くなる。
得てして『女性』が人としてロクナモノでは無いことが圧倒的に高くなる。

現代の日本の教育も文化もジェンダーの在りようも、明らかに女性が不気味になる事を矯正するすべが無い気がする。間違えたレディーファースト的な幻想のもとに見よう見まねで西洋文化に近づこうとして女性を優先・保護した結果がこうなったとしか思えない。
この反面男性の男性としての基準も同等に腐敗している点は在る。男女の価値基準や批判は大抵並列に下がる。

20代の女性基準で考えてはいけない。30代40代女性がどういうものかを見て判断すべきだ。
20代で大卒で、社会に出て数年程度の女性でも10年立つと劣化する。
高確率で、モンスターになることは間違いない。

人間社会に居たっては、ここに男女平等を見出すことは出来ない。
男性と女性はSEXが異なるから得て不得手は異なるだとか 社会的な役割がことなって叱るべきだという主張があるかも知れないが、要所要所以前に人として平等じゃないことをこの国では寛容している気がしてならない。

幼少の頃から、男女7歳にして同衾せずということばある日本ではあるが、女性はなにかと、男女別で扱われる。
体力測定などのポイントの比較付けも異なるのが日本の教育現場ではあったはずだ。

ましてや女性の我侭さや幼稚さに対しては日本の文化は許容が広すぎる面が強い。ひとまず小中高などの学校で、勘違いする女性は多い。
男女平等とかマヤカシにすがる女性たちだが、主張がデカイ反面その割には、義務はこなさない面が強い。
当然自発作用で男性側に、レディーファーストなんぞが出てくる筈が無い
社会に出ても女性は大抵ゴミ的な役割しか果たさない。
ヒステリックな面ばかりが拡大化するのだから。
逆にメンタルがヤラレル女性の事例も同様に多い様子だが、簡単にホイホイ騙されたり、都合がいいように使われる女性が多く居るのも、まぁバカな女性を大量生産している日本の土俵ならではという印象がしなくもない。

仲間内での足の引っ張り合いもキモチワルイレベルだ。一層そのまま滅んでくれと思う。

井戸端会議とよばれる日本人の中年以降の女性の不気味さも一層増すばかりだ。『ママさん***』などというジャンルも吐き気を催す水準である。昨今の良い年して、「女子**」なんぞと読んでいる中年は死んでくれと思う。
外国の人が、日本の主婦の文化でカルチャーショックもとい気分を滅入らせる事例も、そうだろうなぁとむごく感じる部分だ。

現代の日本人女性は大和撫子なんぞとはかけ離れたハイエナのようなものでしかない。むしろ腐っている生ごみにしか見えない。

都会だろうと地方だろうと根源はおんなじだ。若いうちは女性が主張を繰り広げ、主義主張の展開で華を開いているわけだが老いたら害を撒き散らす光景はどこにでもある。姑とのいざこざが2ちゃんねるまどめだとかで大量にまとめているサイトが出てくるのは需要があるからなのだろうかとすら思えてしまう。

日本の現状の教育現場と、社会のありようで、こういうバカな女性が大量生産されている面が強いとも思うが、兎にも角にも、日本人女性はバカが多い比率はぬぐえない。男性も過半数はロクナモノじゃない事は在る。だが女性の方が仕事に対してもロクナモノじゃない人が多い気がするのも問題な気がする。

既存メディアも教育機関も腐敗しているのだから国民が腐るのは必然な感じがする。
日本に居てロクな人物が育たないのは必然だろう。

かんなぎ ざんげちゃん AA

かんなぎ ざんげちゃん AA

コメント

タイトルとURLをコピーしました