地震が長かったわけで今も続いてい入わけですが

こういう有事のときに想像するだけでいくつか危惧するん点があるので思いつきだけ書き出しておくとする。

MTFTSだとかFTMTSだとこういう非常時の災害に遭遇した場合非難して共同生活を強いられる状況になると、かなり肩身の狭い思いになると思う。
大浴場だとか着替えなどのシーンで様々な問題がでてくると思う。
ただまぁ妥協しつつも折れるところは折れないといけないものの、周りの理解度が低いとかなりきつい思いをすることになりそうで、ややトラウマ的に危惧してしまう。
というか、自分が当事者だったらとしたらということが、地震被害よりも復興までのetcで考えると様々気が気でならない。

まぁホルモン投与とかは打たなくても直接は健康被害にはならないだろうけど、性器摘出した人が長期間摂取できないと日常的な健康に支障はでるだろうし、こういう時いかに対応できるかは個々人によりけりなんだろうけど、資産全部なくなった状態でetcと考えると、結構いまの、復興地支援の流れみていると現地の人は相当迷う気がする。

なんか他にもいろいろと思うことはあった気がするけどもメモまでに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました