GID 性同一性障害について

GID ジェンダーアイデンティティディスオーダー 性同一性障害について一般の人の知識が希薄というか、正しい知識を知らない人が多いので説明するのが面倒なのでサイト形式で教える機会ができればいいなと思って作った内容です。最新の情報と多少ずれがあることも知れませんが、事実に基づいて記載して以降と思うのでご了承ください。

性同一性障害 GID(Gender Identity Disorde)とは

アメリカ精神医学会のDSM-IV-TRや世界保健機関のICD-10にもこの診断名は存在するがその定義は前者が「性転換症(transsexualism)」と同意なのに対して、後者ではそれに加えて異性装を包括している。

参考:wiki:性同一性障害

身体的な性別はSEXであと、性別の自己認識(アイデンティティ)によるもの。によって性別が認識されているということを前提としておく。
社会的な性役割ジェンダーとの相違で強く感じることが多いものの、TS(トランスセクシャルの場合)のケースだと、無人島で1人でいても、性別違和に悩まされると言う特徴的な状態がある。

アイデンティティとはそもそも、自分は何者であり、何をなすべきかという個人の心の中に保持される概念です。これらのことは、海外の人とのハーフの子供が国籍が曖昧になることで、アイデンティティーがどうこうということが良く使われる話を耳にした記憶が多い。

自己同一性というのは、自分が何者なのかと言うことを認識している
自我同一性といった単語も別の意味(自分であると確信できる連続した自我状態は、自我同一性)で、使われているようなのですがここでは突っ込んでは触れないでおく。ややっこしくなるので。

アイデンティティーと生物学的な性別が異なることにより私の場合は幼少のころから性別を自問自答していた。
「どうしたら女になれるのか?」という普通の人が考えたらとんでもないようなことを普通に悩んでいたのだ。
年がたってもその考えがなくなることは無かった。
むしろ男性であることに嫌悪感を抱くことが多々あった。

同性愛と混同されることもよくある。

同性愛が性的指向が同性に対するものであるのに対して(男性が男性として男性を好きになる)、
性同一性障害の場合は、性自認(アイデンティティー)と身体の性別(SEX)が、一致しないという点において明らかに異なる。
このため性同一性障害の当事者の場合、健常な状態であるのにもかかわらずに、通常の状態であっても、自身の性別違和感に常に悩まされることになる。

オカマやニューハーフとの違い

オカマという単語は差別用語であり、お尻を指すことばです。ニューハーフも俗語であり、水商売の人たちが自身のことをこのように呼称するのは自身のことなので別の意味合いのものです。
これらの人の中には趣味又はパートタイムでの女装者やドッグクイーン、性転換手術を望む人なども含まれていたりするので、性同一性障害者と混同するには異なる単語です。
ただ、逆に性同一性障害者の人がそういうお店などで働いていることもあったりするので一概にはいえなかったりもします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました