性ホルモンの投与による治療について、

少し気になるものがあったので

性ホルモンと脳についての変化に関することで

性ホルモン治療を受けた性別移行者の成人MtF、FtMの投与前後に渡る追跡調査では、性ホルモンの投与によって脳の容積が変化していることが確認された。(Hulshoff Pol, Cohen-Kettenis, Van Haren, Peper, Brans, Cahn, Schnack, Gooren, Kahn 2006)

wiki性自認についての項目より
ここには、脳の容積が変化としか書かれていないため、これでどうなったのか記載がされていないのですが、真偽は定かではないし、このことが何をもたらすのかも不明ではありますが、ハイリスクなことなのかなと思ったりもします?

まぁもともと男女の脳みその量だとか部位によって大きさの平均的な差違はあるようなのですが具体的なことは記載されていないので解りませんが。

まぁホルモンを投与している当事者としては、これらのことを裏づける要素は無いのでなんとも言えない物ではありますが、まぁスッカスカになっていたらと考えたら恐怖ではあります。
脳みそは皺の数が優劣だったりしますので一概には言えないのでしょうが、どの程度のことなのかといった詳しいデータなどを合わせて、今後の解明が期待したいものだなぁと思うのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました