MTFTSと性別に関するデメリット

FTMでもデメリットはたくさんあるのでしょうが当事者ではないのでなんともわからないのでMTFとしてのデメリットをあげてみる。
制服が可愛い高校ベスト3を決定

MTFTSとして社会生活を送ることのデメリット

まず仕事に就きにくい
大抵の会社は面接で長髪ということだけを理由に面接で断られる。(面接を受けにいけても「長髪は切れますか?」等と聞かれて、極端に短くすることができないとアウトだったりする。)

あとは男性物のスーツ着用で無いと働くことはできない等といろんな面で仕事にありつくことは難しい。
なんというかGIDということを理解してもらって雇ってもらうにはスキルや経験がよっぽどの物がないと難易度は遥かに高い。

スキルが無い状態で、仕事に受かっても、

男性として社会生活を送るわけなので、トイレなどは男性用のトイレを利用するしかない。会社などにカミングアウトして理解を得られたとしても、男女共同のトイレ(障害者用の人のトイレ等)を使うように進められるorz。
制服がある会社等だと大抵色々と脳内で悩んだ上で話したとしても理解は得られない。経験したケースとしては1件だけなのですが、更衣室はトイレを使っても良いという程度で、制服は男性のものだった。

スキルがあったら望む形で働けるか?ということもまぁ一応別の問題ではあるものの、市場原理として、スキルすら無いと仕事にすらありつけない。
経験があっても、無理だったりすることもわんさかあったりする。

ここに1つ大きな壁があるようでなんともいえない。
仕事を得るだけでも難しいのでここの障壁を崩さないと、

仕事と今後と働き方

たまにいわれるのが、「男性として働き続けて、お金がためて手術して戸籍訂正して、スムーズなんじゃないのか?」と言われたことが幾度かあるがこれはこれで後々振り返って考えるとこちらのほうが確かに現実的ではあるんだろうけど、男性として働き続けてウン百万円ためて手術してなんたらかんたんたらということを脳内では考えては見たものの、当時の自分には思い描くことはできなかったので、結果としては試さなかった。
今のように法律的なことがすべてそろっていてネットや本で全ての情報が整っていればある程度の道筋はスムーズに考えられるとは思うものの。

高卒の時点では金を貯めて手術してその後は考えると夢想して考えてはいたはずなのに、手取りが、10万円ちょっとで生活するのが精一杯の月給しかもらったことが無いような生活水準だと到底思い描くことはできないわけで。
というか当時の生活水準でそんなに簡単に数百万円貯蓄することが可能な職業についていなかった事が最大の要因か・・・。
(正社員として働いてボーナスをもらったりしたことは皆無だったし・・)

そもそも戸籍訂正が認められたのは、2003年当たりだしな・・・。
まぁ言い訳しても性が無いわけですが、空回りしたことが最大の痛手だったなぁと思う次第です。
なんというか衣服や髪型、に関することで雇用の機会もはじかれる既存社会の仕事と働くということが性も無い価値観のものだなぁと思うのでした。

ということで最大の問題としては収入か・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました