性同一性障害と戸籍―性別変更と特例法を考える

4846107213//” rel=”nofollow” target=”_blank”>

性同一性障害と戸籍―性別変更と特例法を考える (プロブレムQ&A)

  • 著者:針間 克己、undefined、針間 克己のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、大島 俊之、undefined、大島 俊之のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、野宮 亜紀、undefined、野宮 亜紀のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、虎井 まさ衛、上川 あや
  • 販売元: 緑風出版 (2007/12)
  • 発売日:2007/12
  • ASINコー:4846107213
  • 4846107213//” rel=”nofollow” target=”_blank”>性同一性障害と戸籍―性別変更と特例法を考える (プロブレムQ&A)

    戸籍上の性を変更することが認められる特例法が今国会で可決された。性同一性障害は、海外では広く認知されるようになったが、日本はまだまだ偏見が強く認められることは難しい。性同一性障害とは何かを理解し、それぞれの生き方を大切にするための入門書。医学、法律を含め専門家が分担をして執筆。

    読んでみたけど相応に価値はあるとは思う。
    戸籍訂正とか氏名変更しようとしている人にはお勧めの1冊。

    ただ最近はホルモン投与とか、フライングでスタートしている人が多いようなのでひとまず、精神科とか、GIDに関して、取り扱っている医療機関探すほうが先な気はするんですが・・・。地方だとそういう医療機関探すのがまず困難でしょうねぇ。
    法的なこと云々よりもガイドラインがあれだし医者の人の人格もちょっとあれだしなぁ・・・うーん。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました