GID(性同一性障害)

GIDジェンダーアイデンティティーディスオーダー
という疾患に分類されている状態。
性同一性障害(英: Gender Identity Disorder)。
自己の生物学的な性別(SEX)と思考(自意識)で認識している性別が異なる状態。
一次的なものではなく、慢性的なもの。

国際的な診断基準として、世界保健機関が定めた国際疾患分類 ICD-10、米国精神医学会が定めた診断基準 DSM-IV-TR がある。 http://ja.wikipedia.org/wiki/性同一性障害

性同一性障害の障害と呼ばれる所以

障害と名称が付けられているのは、日常生活にその状態では”障害”が発生しているからだとかなんとか。
普通に考えると、男性が男性で有る事に(或いは女性が女性)違和感を感じている時点で生物学的に考えても異常(多数派ではない)であることは、疑う余地は無いので、障害と着けられていることはまぁ理屈としてはわからなくもない。

個人差はあるが過半数は性器嫌悪と切除を望む事例が多いトランスセクシャルだったり中にはホルモン投与で満足する人もいるなど。(男性の女性化よりも女性の男性化の方が手術の困難さからも実際の施術件数とは一概に判別はできない印象もあるが)

ちなみに肉体の性別を性自認に合わせることよりも脳の方を矯正するほうが楽じゃないのか?という考えもあったらしいのですが、思考に関しては人権の面や、医学的な面からも思考の矯正の優位性とかの疑問視で、現状はホルモン療法や性別際適合手術という結果になっているだけである。時代や国や文化が変わればこうはならないのだろうなという面も在る。

異性装などとも異なる。

異性の服装をすることで落ち着くという人や、異性の格好で性的興奮を覚えるという人らとも異なる。
性器嫌悪や、文化的な性別との慢性的な違和感や、苦痛を感じていないなどの点で差異がある。

  • 女性ホルモン剤(注射・飲み薬)の効果
  • 「GID」の記事一覧
  • 「ニューハーフ」や『オカマ』『オナベ』とは異なる。

    これらはその手の職業の人が語っている単語であり俗語だ。その職業の人らがそう呼ばれる事は、当人らが、そう語っているのであれば問題ないのだろう、性転換症を全てひっくるめてそう解釈するバカが存在しているのはオカシイ。まぁマスメディアの偏屈報道の片方で発生している現象だとも思うので理解が深まるのは難易度が高い感じもする。
    一般人で、社会において、初めてあった人に対して貴方は「キャバ嬢ですか?」とか、ソープ嬢ですか?とか、「ホストですか?」「男娼ですか?」と尋ねる人はいないだろう?そういう対応をされたらカチンとくる筈だ。
    しかし「ニューハーフ(笑)」「オカマ(笑)」という内容で失笑したり、それらと思って話しかけてくる失礼な輩はわりと存在する。水商売でも、そういう格好しているわけでもなくともそういう対応をとるバカを数人見かけたことがある。まぁ大半の人が失礼な人ではないものの、馬鹿はかならず何割か存在する。

    トリンプ・オンラインショップ

    タイトルとURLをコピーしました