危険すぎるマクドナルド。子供に与えてはいけない食材事情。

マクドナルドノ中国産ナゲットが問題になっているが、他にもたくさん問題がある。
例えば
2012年12月発覚の薬漬け鶏肉の問題。該当の事業者を利用しているが、工場が異なるため継続して利用。
マクドナルドの調理油はアメリカでは禁止されているトランス脂肪酸たっぷり含んだ調理油。
ナゲットの成分の5割は鶏肉以外という調査結果。
マクドナルドが言う国際基準の安全が汚すぎること。
マクドナルドは誠意を見せない反省しない改善しない。と悪い3拍子が揃っている。
マクドナルドで腹を壊しても医者に行って証明してからクレームをつけろという店舗。(本部は店舗に責任転嫁する糞企業)
もしマクドナルドで死亡したとしても、因果関係立証してから文句いえといわれるのが落ち。調査もなにも絶対しない会社だ。

マクドナルド原価一覧表


日本マクドナルドは世界で最も安い素材の価格のところから原料を仕入れて作ることを売りとしてビジネスを行っている会社だ。
しかしその割には最近は高価格路線と言うことでマクドナルドの糞みたいなハンバーガーで、他のハンバーガーチェーン店並の価格で販売しようとしている。ほかがその価格だからその販売価格で何が悪い?という姿勢らしい。

見た目のデザインだけは綺麗に撮影するマクドナルド


中身が屑肉だとは誰も思わないだろう。

製造現場の写真

米食材卸大手OSIグループ傘下上海福喜食品の工場


これまるでなにかの工業製品でも作っている工場にしか見えない・・・・。日本でこのような内装の食品工場があったらフルボッコにされるレベル。

過去にサラダでも

まさかとは思うけど、中国産ちきんをやめてタイ産にしたら問題ない
と本気で思っている消費者がどのくらいいるのだろうか?
中国産チキンが問題視された直後、21日以降22日23日24日とその他の工場の中国産チキンをマクドナルドハ販売しつづけていて25日になってから中国産チキンを全て販売停止にしただけだぞ。この真意を読み解くことができない限り安心する材料はどこにもない。
いかにマクドナルドが安い材料を使い、安くつくって 消費者に売りつけることを第一としているかが理解できるはずなのだが。
21日時点で生産停止輸入停止して、在庫は、廃棄にしたら損失になるために明らかにマクドナルド店舗に運んである、在庫を全て売り切ったと考えるべきだろう。
そうでなければ、数日間中国産チキンを継続して販売していた理由が不明瞭だからだ。
今後タイ産チキンで問題ないと根拠が無いマクドナルドの肉を食べるのであればそれは個人の自由だが、正直数百円だして食べるバーガーではないだろう。
無料でも好んで足を運ぶべきではない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました