フライデーに掲載されていた写真を無断で投稿で男が逮捕

数年前からテキストに関しては著作権にかんする議論は散々行われてきたり、最近でもインターネットへの著作物のアップロードとダウンロードまで音楽などでは罰則の対象になっていたりとどんどん厳しくなっている。ひとまず日本にインターネットの自由はどんどん法律によって犯されている感じがしなくもないのですが色々と報道にもどうかと思えてしまう部分が多い。

元選手のヌード写真、ブログに無断掲載した疑い 男逮捕

容疑者は2月22日、写真週刊誌「フライデー3月8・15日合併号」に掲載されたスノーボード元五輪代表の今井メロさんのヌード写真を、撮影したカメラマンの承諾を得ないまま、自分のブログに計8回にわたって投稿した疑いがある。写真は4月に発売予定の今井さんの写真集の一部だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131125-00000020-asahi-soci

ここで問題されるのは普通に著作権違反で逮捕という事だろう。

ただ普通の事例で考えと著作物でも『引用』というものができる。ただ積極的に丸コピーしてOKというものでもなく、文章の何割程度や、どういう例として使用されていたか等様々な定義は裁判事例などで参考には出来る。
ただ引用の定義も微妙で、動画などだとキャプションでしか利用しにくい。

ニコニコ動画やYoutubeなどでは著作者から対応があれば削除するという姿勢らしいが、一般ユーザーから見てみると引用の定義が実にわかりにくいので、うまいこと派生して使いにくい部分があるという感じがする。

現状インターネット上のブログなどでも、芸能人系の画像の無断利用は事務所がせっせと削除だとか、いろんなことを行っていたりする様子ではありますが、もうちょっと柔軟な物にならないものですかねと思えたりするところ。
ihou
今回の事件の逮捕に監視手は、計8回も投稿したというのは採算削除依頼があったのに無視して再掲載していたか或いは?と思えたりするので記事をみただけで、引用がまったくできないと考えたら頂けないイメージがするのでした。

  • 動画
  • コメント

    タイトルとURLをコピーしました